2016年9月23日金曜日

【福島の宿】 会津de田舎暮らし応援事業「会津地域移住希望者応援補助金」の実施について


 会津地方振興局では、若者世代の移住・定住に結びつけるため、管内市町村(会津若松市、喜多方市、北塩原村、西会津町、磐梯町、猪苗代町、会津坂下町、湯川村、柳津町、三島町、金山町、昭和村、会津美里町)への移住希望者が、より移住のイメージを明確にできるよう、移住に関わる現地見学を行う際の宿泊代金の一部を補助します。 


https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01240a/iju-kibou-ouen.html

2016年9月20日火曜日

【福島の宿】 会津まつり最大のイベント「会津藩公行列」 今年も綾瀬はるかさんが参加

【福島の宿】 会津まつり最大のイベント「会津藩公行列」 今年も綾瀬はるかさんが参加

「会津藩公行列」は総勢約500名で構成され、武者姿で練り歩きます。



鶴ヶ城本丸にて出陣式が行われ、行列はまちなかへ出発します。各所では奴隊による毛槍による所作も披露され、沿道を埋め尽くす観客の声援の中、祭りはクライマックスを迎えます。









http://www.aizukanko.com/event/95/

2016年9月19日月曜日

2016年9月16日金曜日

首相夫人ゆかりの日本酒が完成 会津・山口合作「やまとのこころ」   (福島の宿)

首相夫人ゆかりの日本酒が完成 会津・山口合作「やまとのこころ」


 安倍昭恵首相夫人らでつくる女性グループが育てたコメと会津の水と技で造る純米大吟醸酒「やまとのこころ」のお披露目会が、9月12日、東京・元赤坂で開かれた。



 「やまとのこころ」は安倍晋三首相の地元・山口県下関市にある「昭恵農場」で無農薬栽培した「山田錦」を会津若松市の末廣酒造で仕込んだもので、酒造りは2回目。4合瓶750本を都内有名百貨店や末廣酒造などで販売する。

 お披露目会では、昭恵夫人が戊辰戦争からの山口と会津の関係に触れながら「長州と会津が仲良くするお酒」とあいさつ。来賓を代表しケネディ米駐日大使が祝辞を述べた。

 関係者による鏡開きに続き、末廣酒造の新城猪之吉社長が「酒が結んだ縁に乾杯したい」と乾杯の音頭を取り、祝宴に入った。会場の料理には本県と山口県の地元食材を使ったメニューもあり、来場者は笑顔で杯を交わしていた。

 安倍首相も来場

 お披露目会には安倍晋三首相も来場した。安倍首相は「急に家内から来いと言われて来ました」とあいさつして会場を沸かせた後、醸造元の末廣酒造を念頭に「福島の酒が世界で金賞を取っている。日本酒が末広がりに世界に進出するように支援していきたい」とあいさつした。

2016年8月18日木曜日

【福島の宿】 福島県が修学旅行・合宿に補助金 



福島県内で宿泊を伴う教育旅行を実施する県外の学校へ、バス経費の一部を補助します
期間:2016年4月から2017年3月
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/32031a/kyoiku-02.html

2016年8月5日金曜日

【福島の宿】  “日本一の酒”堪能 福島で飲み比べフェア開幕

福島民報 2016年8月5日

 県産日本酒が手軽に楽しめる初のイベント「日本一のふくしまの酒 飲み比べフェア」は8月2日、福島市のコラッセふくしまで始まった。初日から仕事帰りの会社員らが訪れ、全国新酒鑑評会で金賞受賞数「4年連続日本一」に輝いた地酒を味わっている。8月31日まで。
 金賞受賞銘柄をはじめ、県内蔵元の自慢の地酒を週替わりで提供する。3種類が楽しめる「飲み比べセット」(500円)、大吟醸など2種類を堪能する「プレミアム飲み比べセット」(700円)がある。いかにんじんなどの郷土料理や県産食材を使ったつまみも販売している。午後4時から同8時まで。
 初日はオープニングセレモニーが行われた。畠利行副知事があいさつし、高荒昌展県観光物産交流協会理事長の発声で乾杯した。県産米キャンペーンクルー「うつくしまライシーホワイト」が来場者に振る舞い酒を配った。
 福島市の会社員熊坂洋三さん(38)は「手頃な価格で飲み比べられる魅力的な企画だ。他の日本酒も飲んでみたい」と声を弾ませた。
(  カテゴリー:主要 )

杯を交わし、県産酒を飲み比べる参加者